コツのアメブロ

保育園紹介

1日の流れ

学芸大学4分の駅近です!
東急東横線学芸大学駅から徒歩およそ4分。東急バス「三谷」バス停からも近く、駒沢通りのすぐ裏手で、登園から通勤への流れの良さは抜群です。駅からは商店街を通ってくるので登園前後、降園前後のお買い物にも便利です。

オリジナル連絡帳
連絡帳は、お子様の生活状況・健康状態をご家庭と園で相互に把握しておくための大切なツールです。毎日の登園前に記入して頂かなければならないことを考え、保護者の方にもご記入頂きやすいものを作成しております。

手ぶらでラクラク通園♪
毎日のお子様の荷物は、準備するのも持ってくるのも、ちょっとした手間です。そのような保護者の負担を考え、園での生活に使用するものはおむつをはじめ、ほぼすべて園で準備しております。毎日お持ちいただくのは連絡帳のみという手軽さです。
そうしてできたちょっとの余裕をお子様と過ごす時間にしていただけたら、と思います。
準備しているものの例:オムツ(トップバリュー)・お手拭き・お口拭き・食事用エプロン・食器・寝具一式・お着替え(園服)・その他消耗品など。

玄関開けたら10歩で公園☆
なんといっても特筆すべきは公園が目の前にあるということです。東京都認証保育園も含めた都会の認可外保育施設で、お部屋を出たらすぐに走り回れる!という環境はなかなかないのではないでしょうか。公園まで子供の足で20歩ほどなので、毎日たっぷり外あそびが楽しめます。また、10分ほど歩けば碑文谷公園もあり、そこではウサギなどの動物と触れ合ったり、芝生の上であそんだりと、より自然に親しむことができます。

安心安全の1階です!
認可外保育施設には2階以上に保育室があることも多くあります。火災や地震などの万が一の際のお子様の安全を考えると、1階であることには多くのメリットがあります。目の前には公園があるため、スムーズに避難ができます。

ひとりあそびの充実
0~3歳くらいの子どもたちにとって、「ひとりあそび」はとても大切だと考えます。自分の興味のあるあそびに夢中になり、その中で”出来なかったことが出来るようになる”という充実感・満足感を得、それを身近な大人に認めてもらえることは、子どもたちにとってとても幸せな瞬間です。狭いスペースではありますが、みんながあそびに集中できるよう最大限工夫してまいります。

外あそびについて
子どもたちが安全にあそび、保護者の方に安心して頂けるように、園ではガイガーカウンターを購入し、主な外あそびの場所である「三谷児童遊園」の放射線量を毎朝測定致します。また、目黒区のHPに「三谷児童遊園」の放射線量測定値が掲載されておりますので、参考までにご確認ください。
目黒区HP

英語・リトミック・音楽教室などを予定しております。